海外アニメ

映画『アナと雪の女王2』のあらすじと日本語版の主要な声優キャストの紹介!予告動画もあり

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『アナと雪の女王2』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『アナと雪の女王2』のあらすじ
  • 映画『アナと雪の女王2』の主要な日本語声優キャスト紹介
  • 映画『アナと雪の女王2』の作品情報・予告動画

あの名作映画の続編がいよいよ公開されますね。

今回は、「映画『アナと雪の女王2』のあらすじと日本語版の主要な声優キャストの紹介!予告動画もあり」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『アナと雪の女王2』あらすじ紹介!(ネタバレなし)

引用:https://www.cinemacafe.net/movies/29142/image/419207/

ここでは、映画『アナと雪の女王2』あらすじについてご紹介していきます。

エルサはなぜ、魔法の力を持って生まれたのか?

その答えが彼女を呼び、彼女の王国を危機に陥れる。

アナ、クリストフ、雪だるまのオラフ、トナカイのスヴェンと共に、危険だが、驚異に満ちた旅に出る。

エルサは妹のアナたちと住み慣れたアレンデール王国を出ていく。

そして、魔法にかけられた土地を通り、未知の領域へと足を踏み入れていく。

果たして、王国に迫る脅威とは一体何なのか?

スポンサーリンク



映画『アナと雪の女王2』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『アナと雪の女王2』
  • 公開日:2019年11月22日
  • 出演:イディナ・メンゼル、クリスティン・ベル
  • 日本語声優:神田沙也加、松たか子
  • 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
  • 脚本:ジェニファー・リー、アリソン・シュローダー
  • 原案:クリス・バック、ジェニファー・リー、シェーン・モリス
  • 原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン:『雪の女王』
  • 公式サイト:https://www.disney.co.jp/movie/anayuki2.html

映画『アナと雪の女王2』日本語声優キャストの紹介

ここでは、映画『アナと雪の女王2』の日本語声優キャストについてご紹介してまいります。

前作の『アナと雪の女王』の時と、アナとエルサの声については、引き続き神田沙也加さんと松たか子さんがご担当されるようですね。

オラフ役については、ピエール瀧さんが降板となり、新たに声優の武内駿輔さんが務めることが明らかになっていますね。

神田沙也加

引用:https://www.cinematoday.jp/news/N0097279

アナを演じるのは、神田沙也加さんですね。

歌手、女優、タレント、声優、ナレーターなど、幅広いジャンルで活躍されていらっしゃいます。

ご両親は、俳優の神田正輝さんと歌手の松田聖子さんですね。

松たか子

引用:https://www.cinematoday.jp/interview/A0006377

エルサを演じるのは、松たか子さんですね。

この方も、女優業・歌手業をされていらっしゃいます。

主な出演映画に、『隠し剣 鬼の爪』、『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』、『HERO』、『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』、『告白』、『夢売るふたり』、『小さいおうち』がありますね。

松たか子さん主演の映画『告白』については、以下の記事でも紹介しています。

映画『告白』ネタバレ感想【ラストのセリフ「なんてね」が怖い】この記事は、映画『告白』のネタバレや感想、キャストの紹介、ラストシーンの「なんてね」というセリフについて考察をしています。ストーリー構成はとても綿密に設計されており、見始めるとすぐに引き込まれていきますね。まだご覧になられてない人はぜひ観てみてください。...

ぜひこちらもご覧ください。

関連記事:映画『告白』ネタバレ感想【ラストのセリフ「なんてね」が怖い】

スポンサーリンク



まとめ:映画『アナと雪の女王2』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『アナと雪の女王2』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『アナと雪の女王2』のみどころ

  • 前作同様、今回の作品での音楽や歌も注目ですね
  • より大人の女性としての絆が増したアナとエルサ
  • エルサの魔法の秘密が解き明かされる物語

公開は、2019年11月22日ですね。

今回は、「映画『アナと雪の女王2』のあらすじと日本語版の主要な声優キャストの紹介!予告動画もあり」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。