洋画

映画『ビリーブ 未来への大逆転』あらすじ・キャストと監督を紹介

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『ビリーブ 未来への大逆転』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじ
  • 映画『ビリーブ 未来への大逆転』のキャスト・監督について
  • 映画『ビリーブ 未来への大逆転』実話の人物紹介

公開は、2019年3月22日。

ちなみに、2019年3月公開の注目映画は以下で紹介しています。

【おすすめ映画:洋画編】2019年3月に公開の注目の映画10選!この記事では、2019年3月に公開予定の洋画映画についてご紹介してまいります。3月は春休みを控えたり新しい季節を迎えるに当たってか、人の成長や歴史の変化などを扱ったテーマの映画が多いですね。ぜひ、お出かけの際に参考にしてもらえればと思います!...

この映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、時代と戦う女性を描いたカッコイイ作品ですね。

それでは、さっそくみていきましょう!

関連記事:映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじとフル動画を無料で視聴する方法の紹介

スポンサーリンク

映画『ビリーブ 未来への大逆転』あらすじ

(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグ。彼女は、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を忘れなかった。そして、その言葉を胸に刻み、努力に努力を重ね、ハーバード法科大学院に入学するので合った。

1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人。当時はなんと女子トイレすらない。ルースは、夫のマーティに協力のもとハーバード法科大学院を首席で卒業するのであった。しかし、女だからという理由で、ルースを雇ってくれる法律事務所はなかった。

ルースは仕方なく大学教授なった。ルースは、男女平等の講義には特に心血を注いで講義を行った。そして、弁護士の夢を捨てられないルースは、マーティが見せてくれたある訴訟の記録に注目した。

(C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

その訴訟は、チャールズ・モリッツという人物に関するものだった。モリッツは働きながら母親を介護をしていた。そして、介護士を雇うことになった。しかし、モリッツは未婚の男性を理由に、その分の所得控除が受けられなかった。「介護に関する所得控除は、女性、妻と死別した男性、離婚した男性、妻が障害を抱えている男性、妻が入院している男性に限られる」とあった。母親では対象外なのである。

ルースは法律の中に潜む性差別を是正する機会を窺っていた。そして、モリッツの一件はまさにうってつけのチャンスだったのである。「男性の性差別が是正る前例ができれば、女性の性差別是正も広がる。」と考えたからである。

ルースはその訴訟が、歴史を変えることができる裁判になると信じた。そして、自らモリッツの弁護を買って出るのであった。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』を動画視聴する方法については、以下の記事でも紹介しています。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじとフル動画を無料で視聴する方法の紹介この記事では、映画『ビリーブ 未来への大逆転』についてご紹介しています。映画『ビリーブ 未来への大逆転』の簡単なあらすじとフルで動画を無料で視聴する方法についてご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。...

ぜひこちらもチェックしてみて下さい。

関連記事:映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじとフル動画を無料で視聴する方法の紹介
スポンサーリンク



映画『ビリーブ 未来への大逆転』作品情報&予告編動画

  • 映画『ビリーブ 未来への大逆転』
  • 公開日:2019年3月22日
  • 出演:フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、ジャスティン・セロー、キャシー・ベイツ
  • 監督:ミミ・レダー
  • 脚本:ダニエル・スティープルマン
  • 上映時間:120分
  • 公式サイト:https://gaga.ne.jp/believe/

映画『ビリーブ 未来への大逆転』キャスト紹介

ここでは、映画『ビリーブ 未来への大逆転』のキャストについてご紹介してまいります。

フェリシティ・ジョーンズ

引用:https://gaga.ne.jp/believe/

スターウォーズシリーズの『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でご存知の方も多いですよね。2014年の『博士と彼女のセオリー』では、アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされていますね。旦那様は映画監督のチャールズ・ガードさん。

アーミー・ハマー

引用:https://gaga.ne.jp/believe/

『ソーシャル・ネットワーク』での双子のウィンクルヴォス兄弟を見事に演じられていますね。そして、日本でも一躍有名になったのは、ジョニーデップと共演した『ローン・レンジャー』でのジョン・リード 役ではないでしょうか。

ジャスティン・セロー

引用:https://gaga.ne.jp/believe/

そんなに知られてはいないかも知れませんが映画プロデューサーとしても活躍されたたり、脚本家としても執筆してますね。有名なのですと、『アイアンマン2』の脚本はこの方です。

出演作ですと、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でマスター・コードブレイカー役を演じられてます。

また、映画『バンブルビー』でもドロップキックの声でご出演されてます。

映画『バンブルビー』については、こちらの記事にも紹介していますので、よければご覧ください。

映画『バンブルビー』のあらすじと結末もネタバレ【オプティマスも登場!スピンオフ映画】この記事では、映画『バンブルビー』のあらすじやネタバレについてまとめています。「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ映画として公開予定の本作品。少女とロボットの友情を描いている作品にもなっています。ヒューマンドラマとしても楽しめる作品ですよ。...

キャシー・ベイツ

引用:https://gaga.ne.jp/believe/

1990年公開の『ミザリー』でアカデミー主演女優賞とゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞した実力派女優ですね。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』監督:ミミ・レダー

映画『ビリーブ 未来への大逆転』の監督を務めたのは、ミミ・レダー監督。

質は、あの1998年に大ヒットした映画『ディープ・インパクト』の監督。その後も監督作品に、日本でも馴染みの深いハーレイ・ジョエル・オスメント主演の『ペイ・フォワード 可能の王国』を手がけている。

その後は、テレビドラマの監督作品が多かったのですが、映画では久しぶりの監督作品となっていますね。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』実話をもとにした物語

公式ホームページでは、ご本人の紹介も掲載されていますね。

引用:https://gaga.ne.jp/believe/

現在も最高裁判事として、活躍されていらっしゃいます。

いや、本当にすごい方なんですね。
スポンサーリンク



まとめ:映画『ビリーブ 未来への大逆転』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『ビリーブ 未来への大逆転』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『ビリーブ 未来への大逆転』のみどころ
・当時のアメリカの女性差別の問題意識
・裁判による大逆転はいかにして起こるのか

公開は、2019年3月22日。

法廷劇場で、大興奮が起こりそうな予感ですね。

それでは、今回はこの辺で。

関連記事:映画『ビリーブ 未来への大逆転』のあらすじとフル動画を無料で視聴する方法の紹介