邦画

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじとキャスト、監督について紹介!夏帆さん主演作

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のあらすじ紹介
  • 映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のキャストについて
  • 映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の監督について

公開は、2019年10月ですね。

今回は、「映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじとキャスト、監督について紹介!夏帆さん主演作」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

関連記事:【おすすめ映画:邦画編】2019年10月に公開の注目の映画6選!予告編動画も紹介

スポンサーリンク

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじ紹介!(ネタバレなしです)

引用:https://eiga.com/movie/90270/gallery/2/

ここでは、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじについてご紹介していきます。

30歳の東京でCMディレクターとして働く砂田。

彼女は、東京で日々仕事に明け暮れながらも、理解ある優しい夫もいて、満ち足りた人生を送っている。

そんなように見える砂田だが、口をひらけば毒づいてばかりで心は荒みきっていた。

そんなある日、病気の祖母を見舞うため、砂田は自由奔放な親友・清浦と共に、大嫌いな地元・茨城へ帰ることになる。

いつものようにたわいもない会話をしながら茨城へ向かう2人。

しかし、実は清浦がついてくるのには、ある理由があるのであった。
スポンサーリンク



映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』公開日と作品情報&予告動画

ここでは、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の作品情報について解説していきます。

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の作品情報

  • 映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』
  • 公開日:2019年10月11日
  • 出演:夏帆、シム・ウンギョン、渡辺大知、黒田大輔、上杉美風
  • 監督:箱田優子
  • 脚本:箱田優子
  • 上映時間:92分
  • 公式サイト:http://www.blue-hour.jp/

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の予告動画

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の主要なキャストの紹介

ここでは、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のキャストについてご紹介してまいります。

夏帆

かなり日本でも有名女優さんですよね、夏帆さん。

主演も脇役でもどんな役柄でもそつなく存在感を醸し出す女優さんという印象があります。

主な出演作と受賞作は、2007年の映画『天然コケッコー』で日本アカデミー賞新人賞を受賞していますね。

また、2015年にも映画『海街diary』でも、同じく日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を獲得されています。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』や、2019年には主演映画『きばいやんせ!私』にご出演されていますね。

夏帆さんの出演映画に関しては、以下でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

シム・ウンギョン

韓国の女優さんですね。

タレントとしても活躍されていますね。

日本では、NHKの韓国ドラマシリーズで『春のワルツ』や『太王四神記』、『ファン・ジニ』と3本立て続けに登場して知られていますね。

『太王四神記』はペ・ヨンジュンさんが主演で、面白いドラマでしたね。

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の監督:箱田優子さんの紹介

ここでは、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』の監督:箱田優子さんについてご紹介してまいります。

1982年生まれの監督ですね。

東京藝術大学美術学部絵画科を卒業したのち、葵プロモーション(現AOI Pro.、博報堂クリエイティブ・ヴォックス、2013年からCluB_A所属として、映像クリエイターとして活動されていますね。

上海の国際映画祭のアジア新人部門で箱田優子監督が最優秀監督賞を受賞されていますね。

今後の作品も期待されている女性映画監督ですね。

スポンサーリンク



まとめ:映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のみどころ

  • ぶっちょうづらの夏帆さんの悪そうな演技
  • 清浦の狙いとはなんなのか?
  • 上海映画祭で新人賞を受賞した箱田優子監督の映像クリエイティブ作

公開は、2019年10月11日ですね。

今回は、「映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』あらすじとキャスト、監督について紹介!夏帆さん主演作」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。