邦画

映画『Bの戦場』あらすじ(ネタバレなし)とキャスト・原作小説紹介

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『Bの戦場』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『Bの戦場』のあらすじ(ネタバレなし)
  • 映画『Bの戦場』の作品情報
  • 映画『Bの戦場』の主要なキャストの紹介
  • 映画『Bの戦場』原作情報

ちょっと異質なラブコメディとなっている今回の作品。

監督はフジテレビの並木道子さんで、今回初監督作品となっているのも注目ですね。

女性監督の視点で、ブスがどのように描かれたのか、ご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『Bの戦場』あらすじ

(C)ゆきた志旗/集英社 (C)吉本興業

この物語は、誰もが認める「絶世のブス」が主人公の物語です。そして、その運命の相手となるのは、意識の高いB専の上司。まるで美女と野獣の逆バージョンです。 香澄は、誰もが認める絶世のブスを理由に、自らの結婚を諦めた人生を歩んでいる。

周囲からの評価だけでなく、香澄自身も、自分のことを絶世のブスであると認めているのであった。

だからこそ、自分の恋愛や結婚には見切りをつけ、その分、誰方の幸せを叶える仕事として、ウエディングプランナーとしての仕事に励んでいた。

そんな彼女が、ある日突然の転機が訪れます。

(C)ゆきた志旗/集英社 (C)吉本興業

それは、彼女の上司である久世に、突然プロポーズされるというものであったのです!

久世は自らを意識高い系のB専と公にしている変わった男であった。時には、好意を持ってブスの女性を「ドブス」と言い回っているのであった。

女性陣から人気の高い久世が香澄にプロポーズをしたことにより、事態を受け入れられない女性陣。程なくして、香澄を「可愛い」と思うフラワーコーディネーターの武内も出現。

香澄・久世・武内の三角関係が始まったのでした。
スポンサーリンク



映画『Bの戦場』の作品情報&予告編動画

  • 映画『Bの戦場』
  • 公開日:2019年3月15日
  • 出演:よしこ、速水もこみち、大野拓朗、高橋ユウ、有村藍里、おのののか、山田真歩、安藤玉恵
  • 監督:並木道子
  • 脚本:久馬歩
  • 原作:ゆきた 志旗
  • 上映時間:90分

映画『Bの戦場』のキャスト紹介

ここでは、映画『Bの戦場』の主要なキャスト陣についてご紹介してまいります。

主演は、お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこさん。

そして、相手役として速水もこみちさん、恋のライバルとして大野拓郎さんと、出演者も面白いキャスティングになっています。

その他にも、高橋ユウ、有村藍里、おのののか、山田真歩、安藤玉恵らが脇を固めるキャストになっていますね。

よしこ(ガンバレルーヤ):香澄役

ドラマ、本当にあった怖い話で主演を務めるなど、芸人活動以外にも活躍の場を広げてきていますね。

今回の映画初主演も、これまでの活動や演技力に定評があっての抜擢。

ご本人は、この話を聞いたときは「ドッキリ」だと思ったようですけどね。

速水もこみち:久世役

もこみちさんも、近年はマルチに活躍されている俳優さんとなってきましたね。

最近は、料理番組に方がメジャーになってきていますが、やっぱり実力派の俳優さんという印象がこの映画を見ても伝わってきますね。

コミカルな役どころもはまっています。

大野拓朗:武内役

NHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」で、中村半次郎役として出演されていたのが記憶に新しい役者さんです。

今回はラブコメでの出演で、大河とはまた全然違った役どころなのもちょっと見所じゃないかと思います。

大野拓郎ファン、中村半次郎ファン(?)の方は、必見ですね。

映画『Bの戦場』主演女優よしこの演技力に注目!

今回の映画の制作にはよしもとクリエイティブ・エージェンシーが大きく関わっていますが、よしもと芸人さんは皆さん演技力が非常に高いですね。

また、今回主演のよしこさんの名演技にも注目したいところです。

一見笑えるシーンも多いですが、真剣な眼差しが飛び交うシーンでは、みているこちらも見入ってしまいます。

そして、そんなよしこさんに対するブス感も少しずつ薄れていき、「あれ、そんなにブスだっけ?」と思う人もいらっしゃるかも知れないですね。
スポンサーリンク



映画『Bの戦場』の原作小説の紹介

2016年ノベル大賞を受賞したゆきた志旗先生の作品「Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防」。

「絶世のブス」が贈る、痛快お仕事コメディとして、シリーズ6作品に及ぶ人気シリーズです。

今回の映画は、第1作品目が原作となっているようです。

小説好きのファンがこぞって原作小説に関しては絶賛していらっしゃいますね。

それほどまでに、ストーリー展開が面白そうな原作でもあり、映画への期待も高まります。

ちなみに、原作での表紙の絵には、香澄の顔は描かれておりません

全てのシリーズでも微妙に顔が隠れている演出がされています。

この辺りも、にくいですね。

映画『Bの戦場』まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『Bの戦場』に関してご紹介してまいりました。

恋愛映画で大笑いしたい人、もっと自分自身を輝かせたいと願う女性向けのラ・ブス・トーリー(?)に仕上がっていると思いますね。

スッキリ爽快感を感じたい人は、ぜひご覧になって見てください。

それでは、今回はこの辺で。