洋画

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』のあらすじやキャスト紹介!

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』のあらすじ
  • 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』のキャスト紹介
  • 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』の監督・ラース・クラウメについて

こちらも史実をもとにした、ドイツを舞台にした映画ですね。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』あらすじ(ネタバレなし)

ここでは、映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』あらすじについてご紹介して行きます。

1956年、テオとクルトは東ドイツの高校に通う高校生。二人は、列車に乗って訪れた西ベルリンの映画館で、ハンガリーの民衆蜂起を伝えるニュース映像を目の当たりにするのであった。

テオとクルトは、クラスの中でも中心的な存在だった。そんな二人が、クラスメイトの級友たちに呼びかけ、授業中に2分間の黙祷を実行するということをするのであった。

なぜそんなことをしたか、それは自由を求めるハンガリー市民に共感した彼らの、心から芽生えた純粋な哀悼だった。しかし、ソ連の影響下に置かれている東ドイツでは、その行為は“社会主義国家への反逆”と見なされる、国家反逆行為だったのだ。

やがて調査に乗り出した当局。そして当局から一週間以内に首謀者を告げるよう宣告された生徒たち。彼らは自分たちの人生そのものに関わる重大な選択を迫られるのであった。

大切な仲間を密告して、自分だけエリートへの階段を上がる人生を歩むのか、それとも、自分たちの信念を貫き、大学進学を諦め、労働者として生きる道を選ぶのか……。

高校生たちの国を相手取った心の戦争が始まろうとしているのであった。
スポンサーリンク



映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』
  • 公開日:2019年5月17日
  • 出演:レオナルド・シャイヒャー、トム・グラメンツ、レナ・クレンク、ヨナス・ダスラー、イザイア・ミカルスキ、ロナルト・ツェアフェルト、ブルクハルト・クラウスナー
  • 監督:ラース・クラウメ
  • 原作:ディートリッヒ・ガルスカ
  • 上映時間:111分
  • 公式サイト:http://bokutachi-kibou-movie.com/

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』キャスト紹介

ここでは、映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』の主要なキャストについてご紹介してまいります。

レオナルド・シャイヒャー

1992年ドイツ・ミュンヘン生まれ。

舞台や映画で活躍を広げている俳優さん。

ベルリーナ・アンサンブル劇場で舞台経験を積みながら、映画、舞台、TVなどで活躍中。

トム・グラメンツ

1991年生まれ。

教育改革を打ち出すヘレネ・ランゲの演劇の授業で見いだされる。

その後、学生映画やテレビで経験を積み、エルンスト・ブッシュ演劇大学に進学。

この映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』が映画での初大役となっています。

レナ・クレンク

1995年生まれ。13歳で 『23年の沈黙』でデビュー。『ゲーテなんてくそくらえ』、『ヴィクトリア』やテレビシリーズ『Babylon Berlin(原題)』でも活躍。

本作が映画の2度目の大役となっています。

ヨナス・ダスラー

1996年生まれ。学校の舞台で演技に目覚めてから、2014年映画デビュー。

2014年よりエルンスト・ブッシュ演劇大学に進学後、注目を集め始めている俳優でもあります。
スポンサーリンク



映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』監督・ラース・クラウメ

1973年イタリア生まれ。ドイツのフランクフルトで育ち、様々な写真家のアシスタントとして仕事を始めています。

2003年の『コマーシャル★マン』で長編映画監督デビューを果たし、その後、テレビシリーズやセミドキュメンタリー作品を数多く製作し高い評価を受けている監督です。

2016年の『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』では、ロカルノ国際映画祭の観客賞を皮切りに、ヘッセン州映画賞最優秀作品賞、バイエルン州映画賞を受賞、ドイツ映画賞ではロラ賞を6部門受賞し最優秀監督賞と最優秀脚本賞がクラウメ監督に授与されてます。

まとめ:映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』実話をもとにしたみどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』のみどころ

  • 黙祷をするに至った少年たちの心理
  • どのようにして反逆行為を成すに至ったのか

劇場公開は、2019年5月17日。

実話をもとにした、ドイツや戦前戦後の世界を学ぶ、新しい視点での作品だと思いますね。

ぜひ、映画館でご覧になってください。

それでは、今回はこの辺で。