邦画

映画『小さな恋のうた』あらすじとキャスト、監督について解説します

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『小さな恋のうた』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『小さな恋のうた』のあらすじについて
  • 映画『小さな恋のうた』のキャスト(出演者情報)
  • 映画『小さな恋のうた』の監督情報

モンパチ人気はどこまでも続いていますね。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『小さな恋のうた』あらすじ(ネタバレなし)

ここでは、映画『小さな恋のうた』あらすじについてご紹介して行きます。

2000年初頭に彗星のごとく現れた伝説のロックバンド、モンパチこと「MONGOL800」。この映画はモンパチの中でも名曲と言われている楽曲「小さな恋のうた」がテーマになっています。

沖縄のある小さな町。そこには日本とアメリカの2つの国が存在していた。フェンスの外は日本。フェンスの中はアメリカという具合に。そのフェンスで隔たれた2つの「国」が存在する町が今でも存在する。

その町で、ある高校生バンドが熱い人気を集めていた。自分たちで作った歌を歌いこなす。そして、観る観客を熱狂させる圧倒的な実力で、東京のレーベルからもスカウトを受け、プロデビューが決まるのであった。

しかし、喜びが絶頂で盛り上がる頃だった。彼らに1台の車が突っ込み、それをきっかけにして、バンドは行く先を見失ってしまう事態に陥ってしまう。

そんな時に現れた1曲のデモテープ。そして、米軍基地に住む1人の少女。この2つの存在によって、バンドの止まってしまった時計の針は前に進み始めるのであった。

フェンスの向こう側いる友への“想い”を届けるため、彼らは再び、自分たちの武器である楽器を手に取り立ち上がるのであった。
スポンサーリンク



映画『小さな恋のうた』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『小さな恋のうた』
  • 公開日:2019年5月24日
  • 出演:佐野勇斗、森永悠希、山田杏奈、眞栄田郷敦、鈴木仁
  • 監督:橋本光二郎
  • 脚本:平田研也
  • 製作:村松秀信、間宮登良松、町田修一
  • 上映時間:123分
  • 公式サイト:http://www.chiikoi.com/

 

映画『小さな恋のうた』キャスト紹介

ここでは、映画『小さな恋のうた』の主要なキャストに関してご紹介してまいります。

佐野勇斗

1998年生まれの俳優さんでもあり、ミュージシャンでもありますね。

主な映画出演作に『くちびるに歌を』『ミックス。』『ちはやふる -結び-』『青夏 きみに恋した30日』『3D彼女 リアルガール』などがありますね。

森永悠希

1996年の俳優で、『しゃべれども しゃべれども』、『プリンセス・トヨトミ』、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『ちはやふる』シリーズなどにご出演されてきていますね。

山田杏奈

眞栄田郷敦

鈴木仁

映画『小さな恋のうた』監督:橋本光二郎監督とは

1973年生まれ。日本映画学校卒業後、相米慎二、滝田洋二郎監督らの作品で助監督を務め2010年に深夜ドラマ『冨美子の足』にて監督デビュー。

滝田洋二郎監督の助監督としては、あの『おくりびと』や『壬生義士伝』『陰陽師』シリーズなどがありますね。

映画作品では、『orange』、『羊と鋼の森』、『雪の華』と、いずれも話題作の監督を務めている実績のある監督です。

今回の映画『小さな恋のうた』が映画監督作品の4作目の作品。
スポンサーリンク



まとめ:映画『小さな恋のうた』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『小さな恋のうた』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『小さな恋のうた』のみどころ

  • 日常の中に二つの国が存在する部分
  • 音楽活動を通じて変化していく思春期の青年たち

公開は、2019年5月24日です。

ぜひ、映画館でご覧ください!

それでは、今回はこの辺で。