洋画

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』あらすじネタバレ犯人とは?キャストも紹介!

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』あらすじ
  • 映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』キャスト
  • 映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』犯人(ネタバレ注意)

ミステリー映画ではありますが、原作をもとに犯人をネタバレしてますので、ご注意くださいね。

今回は、「映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』あらすじネタバレ犯人とは」と題してご紹介してまいります。

それではさっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』あらすじ

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.

ソフィア・レオニデスの祖父で、大富豪のアリスタイド・レオニデスが急死する。そのあまりにも突然の死に、イギリス中が驚いたのであった。アリスティドは、イタリアのギリシャで生まれ、その後、若い頃に貧困な状態でありながらもイギリスへ渡Tたのであった。そして、若き経営者としてレストラン経営にて、その巨万の富をえる事ができ、大成功した人物であったのだ。

その孫娘であるソフィアは、昔の恋人だった私立探偵・チャールズの元へ向かった。チャールズは探偵事務所を営んでいた。ソフィアはチャールズの前に現れる。そして、ソフィアはチャールズに一つの告白をする。自分の一族の誰かが、祖父であるアリスタイドを「殺したにちがいない」と。そうソフィアチャールズに打ち明けるのであった。ソフィアは、チャールズに捜査を依頼するために、彼の元を訪れたのであった。

その後、チャールズはロンドンの警視庁へ訪れる。チャールズは、タヴァナー主任警部に会い、ソフィアの祖父のアリスタイドの死について聞き込みにいく。そして、タヴァナー主任警部は、アリスタイド・レオニデスの死因は「毒殺」であったと聞かされるのであった。

(C)2017 Crooked House Productions Ltd.

事件の真相を突き止めるために、チャールズはレオニデスの大豪邸に到着した。チャールズを迎えたのは、アリスタイドの前妻の姉であるイーディスだった。チャールズは、彼女から聞き込みを始めた。しかし、イーディスを始め、一族の人間それぞれが放つ独特の個性に阻まれ、チャールズの捜査はなかなか進まないのであった。しかも、チャールズが調べれば調べるほど明らかになったのは、一族全員にアリスタイドを殺害する動機が存在するというのがわかったのである。

一族は、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人がいる若き後妻ブレンダ、映画製作資金を求める長男夫妻、父の後を継いだが倒産寸前の次男夫婦、一族を取り仕切る大伯母イーディス、そして、元恋人であるソフィア。

そして、アリスタイドの遺言書が実は無効であることが発覚した。このことをきっかけに、チャールズには真相が見え始める。そう確信したチャールズだったが、彼の推理を覆す次の殺人が起こってしまうのであった。

スポンサーリンク



映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』作品情報&予告編

  • 映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』
  • 公開日:2019年4月19日
  • 出演:グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ
  • 監督:ジル・パケ=ブランネール
  • 脚本:ジュリアン・フェロウズ、ティム・ローズ・プライス、ジル・パケ=ブランネール
  • 原作:アガサ・クリスティ『ねじれた家』
  • 上映時間:115分

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』キャスト紹介!

イーディス・デ・ハヴィランド役:グレン・クローズ

引用:https://nejire-movie.jp/

ディズニー映画の「101」で知ってる人も多いかもしれませんね。

アカデミー賞に7回もノミネートされたり、トニー賞を3回受賞するなど、演技派女優として名高い方ですね。

今回は、一族の中でももっともアクの強いキャラクターを演じています。

チャールズ・ヘイワード役:マックス・アイアンズ

引用:https://nejire-movie.jp/

物語のストーリーを進めてくれる私立探偵を演じています。

グレン・クローズとは、「天才作家の妻 -40年目の真実-」で息子役を演じてます。ご両親もイギリスの俳優と女優で、芸能一家出身です。

ソフィア・デ・ハヴィランド役:ステファニー・マティーニ

引用:https://nejire-movie.jp/

イギリス王立演劇学校卒業後、テレビドラマシリーズなどで人気を博しているイギリス出身の女優さんですね。

タヴァナー主任警部役:テレンス・スタンプ

引用:https://nejire-movie.jp/

79歳にして現役の俳優。古くは映画「スーパーマン」「スーパーマンⅡ」で悪役のゾッド将軍を勤められています。その後も、人気シリーズの「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」やトム・クルーズ「ワルキューレ」にも出演。

ブレンダ・レオニデス役:クリスティーナ・ヘンドリックス

引用:https://nejire-movie.jp/

アメリカ出身の女優さん。テレビドラマの「マッドメン」や日本でも馴染みのある「ER緊急救命室」など多くの作品に出演しています。

マグダ・レオニデス役:ジリアン・アンダーソン

引用:https://nejire-movie.jp/

日本では「X-ファイル」のスカリーで有名ですね。

見た感じでは気づかない人もいるかもしれませんが。雰囲気が違いすぎますね。

事件の真相を追っていたスカリーが、今回は疑われる役を演じてますw

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』犯人は?(ネタバレ注意)

以下では、映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』の犯人や結末についてご紹介しています。ネタバレしているので、ご注意くださいね。

原作のファンも多いことかと思いますが、犯人について記載している人は意外にも少ないですね。

それほど、ミステリーファンは犯人を公開しないという暗黙のルールを持っているのかもしれないですが。

そして、映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』この気になる犯人は、誰しもが予想していない人物ですね。

映画は公開前ですから、実際にはどのように描かれているかはわかりません。

ですが、原作での事件の犯人は、ソフィアの妹。

そして、最後はイーディスによって無理心中を図られ死んでしまいます。

この点を、名女優グレン・クローズがどのようにラストを演じるのか、みどころとなるでしょう。

以上が、映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』の犯人や結末(ネタバレ)でした。
スポンサーリンク



映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』についてご紹介してまいりました。

この映画のみどころとしては以下ですね。

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』のみどころ

  • 犯人と真相は何か?
  • ねじれた家という一族の妬み・嫉妬・執着心・醜さ

原作は、名作ミステリーで何度も読めますね。

この映画も何度観ても楽しめる作品になっていることを期待します!

今回は、「映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』あらすじネタバレ犯人とは」と題してご紹介してまいりました。

ちなみに、今月公開の映画のおすすめは以下でもご紹介しています。

関連記事:【おすすめ映画:洋画編】2019年4月に公開の作品一挙紹介! >>

それでは、今回はこの辺で。