洋画

映画『ガルヴェストン』あらすじとキャスト、監督が綺麗すぎる!!

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『ガルヴェストン』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『ガルヴェストン』のあらすじについて
  • 映画『ガルヴェストン』の作品情報とキャストについて
  • 映画『ガルヴェストン』の監督情報について

主演は、ちょっとここ数年で注目を集め始めているエル・ファニング。

これから先が楽しみな女優さんが再び登場です!

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『ガルヴェストン』あらすじ(ネタバレなし)

引用:https://eiga.com/movie/90360/gallery/

ここでは、映画『ガルヴェストン』あらすじについてご紹介して行きます。

生まれ故郷を捨てて、ずっと裏社会で生き延びてきたロイ。彼はある日突然、自分が「末期ガン」であると医師に診断されるのであった。そして自分の余命はあと残りわずかであると宣告される。

それでもロイは、もともと自分がチンケで生きる価値もないと、自分の人生に執着しなかった。しかし、ロイは徐々に自分の死が近づくことに恐怖していった。

そんなある日の夜、いつものようにボスが命じる仕事をこなすために、仕事先に向かった。しかしそこでロイは突然何者かに襲われるのであった。それをきっかけに、自分が組織に切り捨てられたと悟ったロイ。

ロイはとっさに自分を襲った襲撃犯を撃ち殺し、その場所に囚われていた少女と共に何とかその場を逃げきるのであった。

少女の名前はロッキー。聞くところによると、ロッキーは家出をし、行く当てもなく、何とか自分の体を売ることで生活をしていたのであった。

ロイとロッキーに再び迫る組織。そして、全てを失いながらも少女を見捨てることができないロイ。他に頼る人間もおらず、孤独な未来を恐ているロッキー。

ボロボロで傷だらけの二人が、逃場のない逃避行に出るのであった。
スポンサーリンク



映画『ガルヴェストン』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『ガルヴェストン』
  • 公開日:2019年5月17日
  • 出演:エル・ファニング、ベン・フォスター、リリ・ラインハート、アデペロ・オデュイエ、ボー・ブリッジス
  • 監督:メラニー・ロラン
  • 脚本:ジム・ハメット
  • 原作:ニック・ピゾラット『逃亡のガルヴェストン』
  • 上映時間:94分
  • 公式サイト:http://klockworx-v.com/galveston/

映画『ガルヴェストン』キャスト紹介

ここでは、映画『ガルヴェストン』の主なキャストについてご紹介してまいります。

エル・ファニング

 

View this post on Instagram

 

Elle Fanningさん(@ellefanning)がシェアした投稿

1998年生まれで、2011年の『SUPER8/スーパーエイト』でブレイクした女優さんですね。

『CSI:マイアミ』『LAW & ORDER』など人気ドラマにもこれまで出演されてきています。

2019年には、映画『孤独なふりした世界で』でも出演されていて、若干二十歳にして今とても注目されている若手の女優さんです。

エル・ファニングさん出演の映画『孤独なふりした世界で』はこちらの記事でも紹介しています。

ぜひ読んでみて下さい。

映画『孤独なふりした世界で』あらすじネタバレ結末とキャスト・監督を紹介!終末の世界この記事では、映画『孤独なふりした世界で』のあらすじとキャスト、監督のリード・モラーノについて紹介しています。終末の世界で生き残った二人を描いたこの作品。孤独でいたい男性と一緒にいたい女性のつながりを表現していますね。ぜひご覧ください。...

ベン・フォスター

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2016/07/29/42319.html

アメリカ出身の俳優さんですね。

主な出演作は、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』、『3時10分、決断のとき』、『メカニック』、『ローン・サバイバー』、『最後の追跡』、『インフェルノ』などがあります。

『3時10分、決断のとき』はとてもいい映画でしたね。

(それに、出てたんだ・・・知らなかった・・・すみません!)
スポンサーリンク



映画『ガルヴェストン』監督:メラニー・ロランが綺麗すぎる!

 

View this post on Instagram

 

#MelanieLaurent

Actu Mélanie Laurentさん(@actuml)がシェアした投稿 –

ニック・ピゾラットの小説『逃亡のガルヴェストン』をメラニー・ロランが監督として映画化。

1983年生まれのフランスの女優でもあり、映画監督、歌手、モデルとマルチな活躍をしている女性ですね。

タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』に出演や『オーケストラ!』などが女優としても代表作の一つ。

今回の映画にあたり、ピゾラットは自小説の脚色作業を担当するが、「ロラン監督が脚本に手を入れ自分の思い描いた作品とは違うものになった」と語っていますね。

そのためか、ピゾラットは自分の名前を脚本家として出すことを拒んだようです。

脚本家は「ジム・ハメット」という実在しない人物となっています。

なかなか製作側の裏事情も複雑な、裏社会を描いた作品のようですね。

それにしても、監督が綺麗すぎます。

まとめ:映画『ガルヴェストン』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『ガルヴェストン』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『ガルヴェストン』のみどころ

  • 二人が逃亡を始めるきっかけがどう始まるのか?
  • 余命短い殺し屋がどのように生きる価値を見出すのか?
  • 娼婦役で新境地開拓をしたエル・ファニングの名演技

若手の女優さんと女優として活躍している女性監督が描くこの作品。

エル・ファニングさんに関しては、こちらの記事でも解説していますので、ぜひご覧ください。

エル・ファニング出演映画ランキングベスト5!プロフィールやファッションもこの記事では、エル・ファニングさんが出演されている映画のランキングについてご紹介しています。また、エル・ファニングの簡単なプロフィールやファッションについてもまとめてみていますので、ぜひご覧ください。...

公開は、2019年5月17日です。

ぜひ、楽しみにしていきましょう!!

それでは、今回はこの辺で。