邦画

映画『劇場』のあらすじと主要キャストや監督・作品情報についてご紹介します!【原作は芥川賞作家の又吉】

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『劇場』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『劇場』のあらすじについて
  • 映画『劇場』の作品情報や予告動画について
  • 映画『劇場』のキャストや監督、原作について

今回は、「映画『劇場』のあらすじと主要キャストや監督・作品情報についてご紹介します!【原作は芥川賞作家の又吉】」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

関連記事:【おすすめ映画:邦画編】2020年4月に公開の注目の映画5選!予告編動画も紹介

スポンサーリンク

映画『劇場』あらすじ(ネタバレなし)

ここでは、映画『劇場』あらすじについてご紹介していきます。

中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」。

そこで脚本家兼演出家を担う永田。

だが、前衛的な彼らの作風は上映ごとに酷評され、客足も伸びない状態が続いていた。

そうしているうちに、劇団員と永田の関係も悪くなっていく。

そして、永田は言いようのない孤独を感じるのであった。

そんなある日、永田は街で、自分と同じスニーカーを履いている沙希を見かける。

突然の出来事に沙希は戸惑う。

しかし、様子がおかしい永田を放っておけなくなり、一緒に喫茶店に入るのであった。

女優になる夢を抱き上京し、服飾の大学に通っている学生・沙希と永田の恋はこうして始まるのだった。

沙希は自分の夢を重ねるように永田を応援し、永田も自分を理解してくれ支えてくれる沙希を大切に思っていく。

そうして、二人は理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していくのだった。
スポンサーリンク



映画『劇場』公開日と作品情報&予告動画

こちらでは、映画『劇場』の作品情報や予告動画などをご紹介して参ります。

映画『劇場』の作品情報

ここでは、映画『劇場』の作品情報をお伝えしてます。

  • 映画『劇場』
  • 公開日:2020年4月17日
  • 出演:山崎賢人、松岡茉優
  • 監督:行定勲
  • 脚本:蓬莱竜太
  • 原作:又吉直樹『劇場』(新潮社)
  • 公式サイト:https://gekijyo-movie.com/

映画『劇場』の予告動画

ここでは、映画『劇場』の予告動画をお伝えしてます。

映画『劇場』のキャストの紹介

ここでは、映画『劇場』のキャストについてご紹介してまいります。

山﨑賢人

今一番人気のある若手俳優さんですね。

菅田将暉さんと並んで引っ張りだこの俳優、山崎賢人さん。

2019年は映画「キングダム」で主人公の信を演じて一気に人気を獲得したようにもおもいますね。

以下でも紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さい。

松岡茉優

この方も、実力派女優に若くして仲間入りを果たしている女優さんですね。

難しい役どころに果敢に挑戦する女優さんという印象がありますね。

やっぱり、「万引き家族」や「ひとよ」での松岡さんが印象的ですよね。

映画『劇場』の監督・行定勲さんについて

ここでは、映画『劇場』の監督についてご紹介してまいります。

監督は、日本でも指折りの映画監督、行定勲監督ですね。

有名な作品ですと、「世界の中心で愛をさけぶ」のメガホンを取った監督ですね。

シュールでかつ深い世界観を与えてくれる日本映画界の鬼才ですね。

関連記事:映画『世界の中心で、愛をさけぶ』あらすじと結末・感想やキャスト、監督紹介!

映画『劇場』の原作:又吉さんについて

ここでは、映画『劇場』の原作についてご紹介してまいります。

お笑いコンビ「ピース」でも活動している芸人さんですね。

そんな芸人活動の傍ら、作家業もして芥川賞を受賞してしまうという才能あふれる方ですね。

その後もどんどん小説を書いて、世におくりだしていますよね。

「劇場」は、2作目の小説ですね。

スポンサーリンク



まとめ:映画『劇場』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『劇場』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『劇場』のみどころ

  • 「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹さんの2作目となる同名小説の映画化
  • 主演・山崎賢人、ヒロイン・松岡茉優、行定勲監督のメガホンと超豪華スタッフ

公開は、2020年4月17日ですね。

今回は、「映画『劇場』のあらすじと主要キャストや監督・作品情報についてご紹介します!【原作は芥川賞作家の又吉】」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。