邦画

映画『ひとよ』のあらすじとキャストや監督、原作について徹底解説します!佐藤健主演映画!

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『ひとよ』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『ひとよ』のあらすじ
  • 映画『ひとよ』の主要キャストや監督について
  • 映画『ひとよ』の作品情報や原作について

今回は、「映画『ひとよ』のあらすじとキャストや監督、原作について徹底解説します!佐藤健主演映画!」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『ひとよ』あらすじ(ネタバレなし)

ここでは、映画『ひとよ』のあらすじについてご紹介していきます。

15年前、ある家族に起きた一夜の事件。

それは、母とその子どもたち三兄妹の運命を大きく狂わせる出来事であった。

一家はその晩の出来事に囚われたまま別々の人生を歩むことになる。

そして、15年後に再会。

葛藤と戸惑いの中で、一度崩壊した絆を取り戻そうともがき続ける一家。

抗うことのできなかった家族の岐路と15年越しに向き合う一家が辿り着く先とは一体どんな世界なのか?
スポンサーリンク



映画『ひとよ』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『ひとよ』
  • 公開日:2019年11月8日
  • 出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子、佐々木蔵之介、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)
  • 監督:白石和彌
  • 脚本:髙橋泉
  • 原作:桑原裕子「ひとよ」
  • 公式サイト:https://www.hitoyo-movie.jp/

予告動画については、情報が更新され次第、こちらでご紹介してまいりますね。

映画『ひとよ』のキャスト紹介

ここでは、映画『ひとよ』のキャストについてご紹介してまいります。

佐藤健

主演は、佐藤健さんですね。

こういったヒューマンドラマの主演って、久しぶりな印象ですけどね。

佐藤さんが髭を蓄えて出演しているというのもまた珍しいです。

新たな境地を開拓しているのかもしれませんね。

佐藤健さんの関連記事については、以下の記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

鈴木亮平

2018年の西郷どんで主演の西郷隆盛を演じていたのが印象に新しいですね。

そんな鈴木さんが今回は一家の長男を演じられています。

こちらも楽しみなキャラクターですね。

松岡茉優

松岡茉優さんが稲村家の末っ子で、美容師を諦めて、現在はスナックで働いている女性を演じていますね。

これまた、これまでの出演作と異なった役柄ですね。

万引き家族もセンセーショナルな役所でしたが、こちらも注目したいですね。

映画『ひとよ』の監督:白石和彌さんを紹介

ここでは、映画『ひとよ』の監督の白石和彌監督についてご紹介してまいります。

このサイトでは、3回くらいもうご紹介しているかも知れませんね。

かなり多作ぶりを発揮する映画監督ですよね。

2019年の監督作品ですと、麻雀放浪記2020、凪待ちについで3作目ですね。

2018年も孤狼の血など含めて3作ほど監督されています。

いや、よくできるよな〜。

白石和彌監督の作品映画については、以下の記事でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク



映画『ひとよ』の原作について、桑原裕子さんについて紹介

引用:https://www.e-avanti.com/54393

ここでは、映画『ひとよ』の原作についてご紹介してまいります。

劇作家・演出家・俳優の桑原裕子さんが旗揚げした劇団「KAKUTA」の15周年記念作品ですね。

「ひと夜」の出来事によって重荷を抱えた人生を送らなければならなくなった家族の再会と、再出発を描いた作品ですね。

劇団「KAKUTA」は1996年から立ち上がっている劇団ですね。

現在は桑原さんが主宰として脚本なども担当していらっしゃるようですね。

こういった形から映画化されるっていうのも珍しいかも知れませんね。

スポンサーリンク



まとめ:映画『ひとよ』のみどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『ひとよ』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『ひとよ』のみどころ

  • 15年前に母親が決断したその事件とは何か?
  • 再会した家族がそれぞれ抱えていた心の闇とは?
  • 3人の兄妹と母親の再生がどのように始まっていくのか?

公開は、2019年11月8日ですね。

今回は、「映画『ひとよ』のあらすじとキャストや監督、原作について徹底解説します!佐藤健主演映画!」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。