洋画

映画『インクレディブル・ハルク』のあらすじと結末(ネタバレあり)と登場人物

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『インクレディブル・ハルク』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『インクレディブル・ハルク』のあらすじと結末(ネタバレあり)
  • 映画『インクレディブル・ハルク』の登場人物について
  • 映画『インクレディブル・ハルク』のみどころについて

映画『アベンジャーズ』シリーズでも、チームの一員として「ハルク」として登場していますね。

映画『アベンジャーズ』シリーズについては、以下もご覧ください。

映画『アベンジャーズ』シリーズ全作品のあらすじと登場人物を徹底解説!この記事では、映画『アベンジャーズ』シリーズについてご紹介しています。映画『アベンジャーズ』シリーズのそれぞれのあらすじや登場人物についてご紹介しています。また、それぞれの関連記事についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。...

今回は、そんな「ハルク」の単独エピソードである『インクレディブル・ハルク』についてまとめていきます。

それでは、さっそくみていきましょう!

映画『インクレディブル・ハルク』を無料でみる

スポンサーリンク

映画『映画『インクレディブル・ハルク』』あらすじ・結末(ネタバレあり)

引用:https://eiga.com/movie/53199/gallery/7/

ここでは、映画『インクレディブル・ハルク』あらすじについてご紹介していきます。

ブルース・バナーは天才的な物理学者の青年だった。

アメリカでは兵士を強化する実験研究を行っており、ブルースも研究に参加する。しかし、実験は失敗し、放射線を大量に浴びたブルース。彼は、全身が緑色の巨大な怪物・ハルクに返信してしまう。

ハルクになったブルースは感情の抑制が利かず、暴れまくるようになってしまう。ブルースはブラジルのリオデジャネイロに潜伏し、体を元に戻す研究をするのであった。

怒るとハルクになると分かったブルースは、感情を抑制する方法も学ぶ。

その頃、アメリカ軍のロス将軍はブルースを探し始めた。ハルクの持つ破壊力に注目し、その能力を軍事利用しようと考えたのであった。

引用:https://eiga.com/movie/53199/gallery/5/

ブルースの居場所を突き止めたロス将軍。彼はブロンスキーが率いる特殊部隊を派遣し、ブルースを捕獲しようとするのであった。

ブルースは、ハルクに変身して特殊部隊をあっという間に全滅させ、逃亡をする。生き残ったブロンスキーは、ハルクの圧倒的な強さに魅了される。

ブロンスキーは軍が極秘裏に進めていたスーパー・ソルジャー計画に志願する。ブルースが失敗した実験計画の一環であり、第二次世界大戦中に中断された、キャプテン・アメリカというヒーローを作った実験だった。

ブルースは研究室にデータを閲覧しにアメリカへ渡る。実験の鍵を握るミスター・ブルーに聞こうとするが、データは消えていた。

ブルースはベティと偶然出会う。データがなく手詰まりになったブルース。資料探しに大学に行くと、ロス将軍とブロンスキーの部隊に襲われてしまう。ブルースはガラス張りの廊下に閉じ込められるとハルクになり、ヘリの攻撃からベティを守り再び逃走するのであった。

逃亡したハルクの苦悩を知ったベティは、ブルースをミスター・ブルー(スターンズ)に会わせるブルースは元の体に戻るのであった。

引用:https://eiga.com/movie/53199/gallery/12/

その直後、ブルースはロス将軍らに捕まる。ブロンスキーはスターンズを問い詰め、自分にもブルースの血液を注射してもう1人のハルク〝アボミネーション〟になる。

アボミネーションはロス将軍の予想以上の力を持ち、暴挙にでる。街が破壊されるのを見たブルースは、もう一度ハルクになり、アボミネーションの前に立ちはだかる。

激闘の末にハルクはアボミネーションを倒し、その力を正義のために使うと決心したのであった。

(エンドロール後、トニー・スタークがロス将軍に、チーム結成の話を!)

映画『インクレディブル・ハルク』を動画視聴したい人は、以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

映画『インクレディブル・ハルク』のあらすじとフル動画を無料で視聴する方法を紹介!この記事では、映画『インクレディブル・ハルク』についてまとめています。映画『インクレディブル・ハルク』の簡単なあらすじやフル動画を無料で視聴する方法についてご紹介しています。映画『インクレディブル・ハルク』をご覧になりたい人は、ぜひチェックしてください。...

スポンサーリンク



映画『インクレディブル・ハルク』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『インクレディブル・ハルク』
  • 公開日:2008年8月1日
  • 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート
  • 監督:ルイ・レテリエ
  • 脚本:ザック・ペン、エドワード・ノートン(クレジット無し)
  • 原作:ジャック・カービー、スタン・リー『ハルク』
  • 上映時間:112分
  • 公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/

映画『インクレディブル・ハルク』を無料でみる

映画『インクレディブル・ハルク』の登場人物紹介!

ここでは、映画『インクレディブル・ハルク』の登場人物についてご紹介してまいります。

ブルース・バナー

引用:https://renote.jp/articles/10708

生物物理学者。軍の依頼で凍結されていたスーパーソルジャー計画を再始動させるため、超人血清を完成させるべく実験を行う。血清の完成を確信して自分を実験台にする。以前の計画で使われたヴァイタ・レイという光線の代わりに放射線の一種であるガンマ線を使用し、その結果自身の第2人格であるハルクが表に出てしまう。

ベティ

引用:https://renote.jp/articles/10708

ロス将軍の娘でブルースの恋人。ハルクに変身すると知っていてもその愛が変わることはなかった。
カルバー大学で細胞生物学を専門として働いており、バナーが初めて変身したときにも側にいた。父のロス将軍とは、家族を顧みず軍で働いて居ることからあまり好きではない。

ブロンスキー

引用:https://renote.jp/articles/10708

ハルク捕獲のために英国海兵隊から派遣された精鋭。ロス将軍が提案した超人血清の投与を快諾しハルクと戦う。自分もハルクと同等のパワーを得る為、ブルースの血液を輸血させ、アボミネーションに変身する。ブルースとは違い、変身後もエミルとしての自我を保つ。

ロス将軍

引用:https://renote.jp/articles/10708

軍将軍で、ベティの父。スーパーソルジャー計画の中心人物。バナーが軍から逃亡した際に彼の捕獲を上層部から命じらる。初めて変身した時に娘に大怪我を負わせたことでブルースを逆恨みする。

サミュエル・スターンズ

引用:https://renote.jp/articles/10708

ブルースと厳重な鍵付きのインターネットチャットで連絡を取り合っていた人物。ブルースが”ミスター・グリーン、サミュエルがミスター・ブルーというハンドルネームを使って交流していた。

スタンリー

引用:https://renote.jp/articles/10708

ブルースがアメリカにこっそり帰国した時、かくまってくれたピザ屋兼ダイナーの店主。ベティもこのダイナーの常連らしく、仕事で遅くなったときに夕飯を食べに寄っているらしい。

スポンサーリンク



まとめ:映画『インクレディブル・ハルク』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『インクレディブル・ハルク』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『インクレディブル・ハルク』のみどころ

  • 超人ハルクへと変わるシーン
  • ベディとの逃亡をして助けるシーン
  • ラストのアボミネーションとの戦闘シーン

まだご覧になっていない人は、ぜひ観てみて下さいね。

それでは、今回はこの辺で。

映画『インクレディブル・ハルク』を無料でみる