邦画

映画『凪待ち』のあらすじとネタバレ結末、キャストや監督とロケ地、原作を解説します!

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『凪待ち』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『凪待ち』のあらすじ(ネタバレなし)について
  • 映画『凪待ち』のキャスト、監督を紹介
  • 映画『凪待ち』のロケ地について紹介

公開は、2019年6月ですね。

ちなみに、2019年6月映画に関しては、こちらの記事でも紹介しています。

【おすすめ映画:邦画編】2019年6月に公開の注目の映画11選!予告編動画も紹介この記事では、おすすめ映画(邦画編)についてご紹介しています。2019年6月に公開される邦画の映画の注目の作品について、簡単なあらすじや関連記事をご紹介してます。また、予告編動画も紹介してますので、ぜひご覧ください。...

今回は、「映画『凪待ち』のあらすじ、キャストと監督、ロケ地についても解説します!」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『凪待ち』あらすじについて紹介

引用:https://eiga.com/movie/89472/gallery/2/

ここでは、映画『凪待ち』あらすじについてご紹介していきます。

毎日をふらふらと無意味に過ごしていた郁男。

郁男は、恋人の亜弓とその娘の美波と三人で彼女達の故郷、石巻で再出発しよう決意するのであった。

郁男は、少しずつ平穏を取り戻しつつあった。穏やかに見えた三人の生活だったが、徐々に小さな綻びが積み重なっていく。

そして、ある時取り返しのつかないことが起きてしまう―。亜弓から激しく罵られてしまう郁男は、怒りに任せて亜弓を車から下ろしてしまう。

引用:https://eiga.com/movie/89472/gallery/4/

そのあと、なんと亜弓は何者かに殺害されたのであった。

恋人を殺されてしまった郁男は、同僚からも犯人であると疑われてしまう。

そして、次々と襲い掛かる絶望的な状況を変えるために、郁男はギャンブルに手をだしてしまう。

映画『凪待ち』のあらすじネタバレ!犯人は?

何もかもを失い、生きていても迷惑をかけるだけだと死を決意した郁男。

そんな郁男を小野寺は説得する。そして、ギャンブルから足を洗う為に小野寺の働く製氷工場で働き始めるのであった。

そして、再び美波たちと暮らし始める。

そんな矢先、製氷工場に警察たちがきて小野寺を逮捕する。

なんと、亜弓殺害事件の現場近くの防犯カメラに、小野寺が映っていたのであった。そして、犯人のDNAと小野寺のDNAが一致したことにより、警察に逮捕される。

理解できずにいる郁男に、小野寺は「パナマ」という言葉を残して連行されていった。

殺害の動機は、小野寺は、幼い頃から亜弓に想いを寄せていたことだった。

自らの手で殺すことで郁男よりも亜弓と深く関わり、自分のモノにできるという狂気と言える歪曲した愛情がその同期の根底にあったのだった。

スポンサーリンク




映画『凪待ち』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『凪待ち』
  • 公開日:2019年6月28日
  • 出演:香取慎吾、恒松祐里、西田尚美、吉澤健、音尾琢真、リリー・フランキー
  • 監督:白石和彌
  • 脚本:加藤正人
  • 上映時間:128分
  • 公式サイト:http://nagimachi.com/

映画『凪待ち』のキャストついて紹介

ここでは、映画『凪待ち』のキャストと監督についてご紹介してまいります。

香取慎吾

引用:https://eiga.com/movie/89472/gallery/10/

本作の主人公、郁男を演じているのが香取慎吾さんですね。

彼の今回の暴力的なシーンが壮絶であるっていう評判ですね。

昔ドラマでやっていた香取慎吾さん主演の「蘇る金狼」を思い出させる、かっこいい香取さんが観られそうですね!

恒松祐里

引用:https://eiga.com/movie/89472/gallery/11/

元子役の女優さんで、ドラマ「まれ」や「真田丸」、映画では『虹色デイズ』や『3D彼女 リアルガール』などの出演映画がありますね。

西田尚美

引用:https://eiga.com/movie/89472/gallery/12/

同世代の女性から圧倒的な支持を得ている女優さんです。

出演作はキリないほど多いんですけど、その安心感と信頼感がどの監督からも得られているんでしょうね。

リリー・フランキー

引用:https://eiga.com/movie/89472/gallery/15/

マルチタレントの域を圧倒的に超えて、日本の名俳優となったリリー・フランキーさんもご出演されています。

リリー・フランキーさんがご出演されていた映画『万引き家族』については、以下の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

映画『万引き家族』あらすじと結末(ネタバレあり)とキャストを徹底解説!この記事では、映画『万引き家族』について紹介しています。映画『万引き家族』のあらすじや結末(ネタバレしていますのでご注意ください)と、出演しているキャスト陣について解説をしています。ぜひ、参考にしてみてください。...

映画『凪待ち』の監督:白石和彌監督についてご紹介します

ここでは、映画『凪待ち』の監督についてご紹介してまいります。


今回メガホンを取っているのは、 映画監督の白石和彌さん。

2017年に映画『彼女がその名を知らない鳥たち』でブルーリボン賞監督賞を受賞されていますね。

2018年にも『孤狼の血』や『止められるか、俺たちを』の監督も手がけていますね。

2019年には映画『麻雀放浪記2020』も公開していますね。

白石監督の作品については、以下の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク



映画『凪待ち』のロケ地について

引用:https://natalie.mu/eiga/gallery/news/329832/1153197

ここでは、映画『凪待ち』のロケ地についてご紹介してまいります。

撮影は、宮城県石巻市で行われていたようですね。

ちなみに、目撃情報もあったようですね。


白石監督自身、3.11の震災と向き合った作品を作りたかったという想いもあり、今回の映画製作と石巻市での撮影に至ったようですね。

映画『凪待ち』の原作について紹介!

原作者は、加藤正人先生の小説ですね。

1954年生まれで、早稲田大学客員教授や東北芸術工科大学教授、シナリオ作家協会会長、理事長などを歴任されてきている、日本が誇るストーリーテラー。

主な代表作としては、映画脚本として『日本沈没』、『天地明察』、『エヴェレスト 神々の山嶺』、Netflix配信ドラマ『火花』など、数々の超有名映画のシナリオを手がけられていますね。

また、アカデミー賞脚本賞でも、『クライマーズ・ハイ』、『孤高のメス』、『ふしぎな岬の物語』の作品で受賞されていらっしゃいます。

今回のこの凪待ちで、小説としては初めて執筆活動をなさっています。

まとめ:映画『凪待ち』のみどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『凪待ち』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『凪待ち』のみどころ

  • 堕ちるところまで堕ちた香取慎吾さん
  • 恋人が殺されてしまって葛藤する主人公の心情
  • 美波役の恒松祐里さんがとても可愛いという話

公開は、2019年6月28日です。

今回は、「映画『凪待ち』のあらすじ、キャストと監督、ロケ地についても解説します!」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。