邦画

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲』あらすじと意味、トキデザインを解説

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』のあらすじ紹介
  • 映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』のニッポニアの意味
  • 映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』のキャラクターデザインについて

原発事故のあったフクシマを、かなり風変わりな形で切り込んでいる作品ですね。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』あらすじ

(C)ラピュタ阿佐ヶ谷

ここでは、映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』についてご紹介してまいります。

舞台は、3.11で大きな被害を受けたフクシマ原発最前線の町・福島県楢穂町。
原発最前線である福島県の楢穂町役場に楠穀平は出向を命じられる。
そこで、楠はとんでもない光景を目にすることになるのであった。

楠が配属された先は、特別震災広報課という部署だった。そこで同僚となったのは、楠がこれまで見たこともないような個性的な職員たちだったのだ。楠穀平は、上司となる役場の助役・村井に連れられ、福島県の各所を訪ねて回ることになる。

3.11で大きな被害を出した津波。その津波で押し流された地区や、震災後、なかなか復旧の目どの立たない鉄道路線と各線、そして、一向に終わらない放射線の除染作業、セシウムが降り積もった帰宅困難な地域の村々……。

テレビや報道では知っているつもりでいたが、楠が見た福島での現状と、福島で生活を続ける住民、作業員たちの現実を、まざまざと目の当たりにするのであった。しかし、そんな状況の中でも、案内する上司の村井は、終始一貫して笑顔を絶やさないのであった。

一方で、楠の娘で小児科病院に勤務するハルカは、入院する子供たちの病状とその現状に心を痛め、やるせない想いを抱いていた。その頃、ハルカは、目の前に誰もいないが、明らかに誰かと話をする男の子が気になりはじめていたのであった。

ある日、楠は村井からミッションを言い渡される。近々開催される「原子力研究所副所長就任を祝う会」を円滑に、かつ心から楽められるような進行で進めるよう言い渡されるのであった。

「原子力研究所副所長就任を祝う会」に臨んだ楠。そこで彼が目にしたのは、あまりにも過激で、そして陽気に盛り上がる異様な大宴会。

楠があっけにとられたその大宴会とは一体!?

スポンサーリンク

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』作品情報&予告動画

  • 映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』
  • 公開日:2019/3/9
  • 出演:隆大介 、寺田農、デコウトミリ、宝田明、慶徳優菜、柳沢なな、関口晴雄、伊嵜充則、飯田孝男、原知佐子、 田村奈巳、桜井浩子、外波山文明、山谷初男、柳澤愼一、坂本頼光
  • 監督:才谷遼
  • 脚本:才谷遼
  • 原案:才谷遼
  • 上映時間:113分
  • 公式サイト:https://nipponiamovie.com/

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』ニッポニアの意味は「トキ」のこと

ここでは、映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』の「ニッポニア」という意味についてご紹介してまいります。

ニッポニアというのは、絶滅保護種である「トキ」の学名と解説されています。

“トキの学名。オランダのテミンクが1835年にIbis nipponと命名し、その後52年にドイツ人ライヘンバッハが独立した属として、属名Nipponiaを与えた。”(デジタル大辞泉)

なぜこのようなタイトルを付けられたのか、おそらく映画の進行とともに、明らかになって行くと思われますね。

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』トキのキャラクターデザインはのん!?

あまちゃんで一世風靡した能年玲奈さんこと、のんさんが、今回の映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』のキャラクターデザインを担当されていることでも、注目を集めていますね。

趣味・特技がギターや絵を描くことというのんさん。

このような作品への参加の仕方も珍しいと思いますが、才能の発揮には脱帽ですね。

関連記事:映画『この世界の片隅に』あらすじと声優キャスト、原作漫画や監督紹介【2016年名作アニメ】

スポンサーリンク

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』まとめとみどころ

(C)ラピュタ阿佐ヶ谷

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』についてご紹介してまいりました。

この映画のみどころとしては以下ですね。

映画『ニッポニアニッポン フクシマ狂詩曲(ラプソディ)』のみどころ

  • はちゃめちゃな町民の大宴会
  • フクシマ原発の事故が起こった後の人々の生活
  • 狂詩曲映画としての、劇中に登場するアニメーション作品

公開日は2019年3月9日。

一風変わった作品としてかなり楽しめそうですね。

それでは、今回はこの辺で。