洋画

映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじと作品情報!ロバート・レッドフォード引退作

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『さらば愛しきアウトロー』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『さらば愛しきアウトロー』のあらすじ(ネタバレなし)
  • 映画『さらば愛しきアウトロー』の主要キャストの紹介
  • 映画『さらば愛しきアウトロー』の監督や実在のフォレスト・タッカーについて

この作品で、名優であるロバート・レッドフォードが引退してしまいますね。

非常に惜しまれます。

今回は、「映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじと作品情報!ロバート・レッドフォード引退作」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじ(ネタバレなし)

引用:https://longride.jp/saraba/

ここでは、映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじについてご紹介していきます。

1980年代初頭。ポケットの拳銃をチラリと見せ、微笑むことで誰も傷つけずに銀行強盗を成し遂げる一人の男がいた。その名はフォレスト・タッカー。

74歳という年齢にも関わらず、被害者である銀行の窓口係や支店長は彼のことを「紳士」「礼儀正しい」といい賞賛する。

事件担当刑事のジョン・ハントは、フォレストを追い続ける度にその生き方に魅了されていくのであった。フォレストが普通の人間ではないと思いながらも心を奪われる恋人もいたほどである。

ある日、フォレストは仲間のテディ、ウォラーと“デカいヤマ”を計画する。そして、まんまと成功させる。

しかしその事が“黄昏ギャング”と報道され、フォレストは予想しない危機にさらされるのであった。
スポンサーリンク



映画『さらば愛しきアウトロー』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『さらば愛しきアウトロー』
  • 公開日:2019年7月12日
  • 出演:ロバート・レッドフォード、ケイシー・アフレック、ダニー・グローヴァー、チカ・サンプター、トム・ウェイツ、シシー・スペイセク
  • 監督:デヴィッド・ロウリー
  • 脚本:デヴィッド・ロウリー
  • 原作:デヴィッド・グラン
  • 上映時間:93分
  • 公式サイト:https://longride.jp/saraba/

映画『さらば愛しきアウトロー』

ここでは、映画『さらば愛しきアウトロー』のキャストについてご紹介してまいります。

ロバート・レッドフォード

引用:https://longride.jp/saraba/

「脚本を読んだ時に、あまりに面白く、まるで夕日に向かって消えていくガンマンのイメージだと思い、これなら最後の作品にふさわしいと思った」

このように語ったロバート・レッドフォードは、実力派俳優としてのキャリアを邁進し、数々の名作に出演していますね。

また、監督としても、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞を受賞しています。

新進脚本家、監督の支援と開拓の為に、サンダンス映画祭の主催も行なっています。そして、アカデミー賞の名誉賞も受賞しています。

個人的に一番好きだった作品は、ブラット・ピットと共演していた映画『スパイ・ゲーム』のロバート・レッドフォードが一番カッコいいですね。

ケイシー・アフレック

引用:https://longride.jp/saraba/

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』で注目を集め、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞、英国アカデミー賞など数々の賞に輝いた俳優さんです。

主な出演作は、『オーシャンズ』の3部作や、『インターステラー』(14)、『ザ・ブリザード』などがあります。

シシー・スペイセク

引用:https://longride.jp/saraba/

映画『歌え!ロレッタ愛のために』で、アカデミー賞ゴールデン・グローブ賞などを受賞し、ハリウッドのトップ女優です。

40年のハリウッド女優のキャリアを持ち、全世界の映画界でも尊敬される女優さんのようですね。

映画『さらば愛しきアウトロー』の監督:デヴィッド・ロウリー監督の紹介!

引用:https://longride.jp/saraba/

ここでは、映画『さらば愛しきアウトロー』の監督であるデヴィッド・ロウリーについてご紹介してまいります。

2005年に、長編映画監督デビューし、本作に出演しているケイシー・アフレックやルーニー・マーラを主演に迎えた『セインツ-約束の果て-』で注目された監督です。

映画『ピートと秘密の友だち』で、ロバート・レッドフォードと出会い、その後、ロバート・レッドフォードが主催するサンダンス映画祭で『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』が観客賞にノミネートされるなど、才能あふれる新鋭監督として称賛されています。

スポンサーリンク



映画『さらば愛しきアウトロー』は実在した強盗犯フォレスト・タッカーの実話

ここでは、映画『さらば愛しきアウトロー』のフォレスト・タッカーについてご紹介してまいります。

フォレスト・タッカーは、18回もの脱獄を成し遂げたり、その華麗な犯行手口で数々の銀行を強盗していた強盗犯です。

1979年の夏には、刑務所からボートを作って脱獄するなど、世間で話題にもなっています。

そして、本作の元になった1980年代初頭に初老メンバーで構成された「黄昏ギャング」のチームで数々の伝説的な強盗をはたらいています。

フォレストは、「年齢を顧みない」「予想を裏切る」「ルールを完全に無視する」ことを徹底した犯行を繰り返していたようですね。

1999年に強盗の罪で再び逮捕され、13年の刑を受けた4年後の2004年に獄中で83歳の生涯を閉じた伝説的な人物です。

まとめ:映画『さらば愛しきアウトロー』みどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『さらば愛しきアウトロー』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『さらば愛しきアウトロー』のみどころ

  • 紳士で礼儀正しいフォレストの思考や美学は男子必見!
  • 強盗への用意周到なシーンがかっこいい
  • ロバート・レッドフォードの最後の勇士を目に焼き付けたい

モテたい男子は絶対観るべき作品でしょ!?

公開は、2019年7月12日です。

今回は、「映画『さらば愛しきアウトロー』あらすじと作品情報!ロバート・レッドフォード引退作」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。