邦画

映画『新宿タイガー』マスクした男を追った異色のドキュメンタリー

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『新宿タイガー』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『新宿タイガー』は異色のドキュメンタリー作品
  • 映画『新宿タイガー』で被っているマスクについて
  • 映画『新宿タイガー』のラストを考察

この作品は物語としての映画ではなく、ドキュメンタリー作品ですね。

ここまでインパクトの強いドキュメンタリー映画はなかなかないんじゃないでしょうかね。

そんな映画『新宿タイガー』について、解説してまいりたいと思います。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『新宿タイガー』とは:異色のドキュメンタリー作品

ドキュメンタリー映画である『新宿タイガー』とは、これまで時折新宿地区に出没をしている男性を追った作品です。

その男性の職業は新聞配達員で、トレードマークであるトラのマスクを被って、派手な衣装とピンクのカツラを被って新宿の街を練り歩いています。

新聞配達途中は、自転車にも乗って現れるとのこと。

その間、なんと約40年。

映画では、なぜそのような格好をして40年も過ごしているのか、その真意に迫ろうというのがドキュメンタリー映画の趣旨になっています。

なお、有名な話として、この『新宿タイガー』さんは、新宿のタワーレコードがオープンした当初、またリニューアルした当時、”新宿の象徴”としてポスターにも起用されています。

映画では、当時を知る新宿タワーレコード店の関係者へのインタビューも収められています。

また、彼を知る映画会、俳優業を営む役者さんたちも映画では出演しています。

映画『新宿タイガー』作品情報

  • 映画『新宿タイガー』
  • 公開日:2019年3月22日
  • 出演:新宿タイガー、寺島しのぶ(ナレーション)、八嶋智人、渋川清彦、睡蓮みどり、井口昇、久保新二、石川ゆうや、里見瑤子、宮下今日子、外波山文明、しのはら実加、速水今日子、田代葉子、大上こうじ
  • 監督:佐藤慶紀
  • 製作:「新宿タイガー」の映画を作る会
  • 上映時間:83分

映画『新宿タイガー』マスクはいつからどこで?

トレードマークになっている虎のマスク。

これは稲荷鬼王神社の祭りで「タイガーマスク」を買い込んでいるようですね。

「新宿を少しでも明るくしたい」

このような思いがきっかけとなりタイガーマスクをつけ始めたと、1994年のインタビューでは語られていらっしゃいます。

では、いつ頃からタイガーマスクをつけているのか。

当時のインタビューでは、1977年からマスクをつけ、新宿の街を練り歩いているということであります。

その間、およそ40年以上に渡っているというのは、なんとも不可思議な人だと思わせられます。

映画『新宿タイガー』佐藤慶紀監督コメントから考察

映画『新宿タイガー』を撮影している時の新宿タイガーさんは、69歳であったと、本作品を監督した佐藤慶紀さんはコメントしています。

「編集を終えたエンディングシーンは、まったく予想していなかったものとなりました。それは、ささやかな”愛”の物語としてのエンディングであったとのこと。」

団塊の世代である新宿タイガーさんの生き方に迫った今回の作品で、佐藤監督は一体どのような愛を見出したのか。

ここから考察(勝手な妄想にも近いですけど)。

ここまでにご紹介した通り、新宿タイガーさんがマスクを被り始めた1977年からです。

では、この当時の時代について、少し考えていきますね。

調べてみると、この時代の新宿では、「新宿プリンスホテルのオープン」や「新宿駅周辺問題協議会」などの発足、「新宿の歌喫茶”灯”の閉店」などがありました。

また、この年の大きな出来事としては、日本赤軍、ポンペイで日航機ハイジャック。政府が超法規的な措置で、赤軍派ら9人を釈放するということもありました。

文化的な側面でいうと、当時の新・旧の人々が集う場所に大きなパラダイムシフトが起こっていたことが考えられますね。

また、社会問題でいうと、新宿駅の問題や赤軍事件など、国と個人との大きな葛藤の狭間にある人たちが多く存在していたのかもしれません。

そのような社会背景がある中で、新宿タイガーさんは「新宿を少しでも明るくしたい」という思いをはせ、マスクを被り始めたのではないでしょうか。

と、いうような勝手な妄想ですが、真相はぜひ、映画館で確かめてみたいと思います。

映画『新宿タイガー』まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『新宿タイガー』についてご紹介してまいりました。

このドキュメンタリー映画のみどころは以下ですね。

映画『新宿タイガー』のみどころ

  • 新宿タイガーさんの生い立ちや生き様
  • 俳優陣と新宿タイガーさんとの関わり
  • 監督佐藤慶紀さんが見いだした「愛」とはなんだったのか?

ぜひ、参考にしてもらえたらと思います。

映画『新宿タイガー』の公開は2019年3月22日。

今から楽しみな作品ですね。

それでは、今回はこの辺で。