邦画

映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじと結末は?モデルとなった実話の事件やキャスト紹介

どもども、映画好きのジョーです。

今回は、映画『空飛ぶタイヤ』についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじと結末(ネタバレあり)
  • 映画『空飛ぶタイヤ』のキャストの紹介
  • 映画『空飛ぶタイヤ』のモデルとなった実話の事件

今回は、「映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじと結末は?モデルとなった実話の事件やキャスト紹介」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

映画『空飛ぶタイヤ』あらすじと結末(ネタバレあり)

引用:https://eiga.com/movie/86663/gallery/2/

ここでは、映画『空飛ぶタイヤ』あらすじについてご紹介していきます。

運送会社「赤松運輸」社長、赤松徳郎のもとに、衝撃の一報が入った。それは、自社のトラックのタイヤが走行中に突然外れ、歩行者の母子を直撃し、母親が即死するというものであった。

赤松は整備不調を疑われ、整備士の門田を疑う。しかし彼は通常の基準よりもはるかに細かいチェックをしていたことを知り、自社の整備不良以外の原因を疑いる。

トラックの製造元のホープ自動車カスタマー戦略課課長の沢田悠太は、赤松の情報提供を突っぱねる。しかし同僚の小牧から品質保証部がこの一件についてナーバスになっているという情報を得るのであった。

沢田は、数年前に起こったホープ自動車のリコール隠しを思い出す。

引用:https://eiga.com/movie/86663/gallery/3/

ホープ自動車の検査結果では赤松運輸の整備不良という結論が出される。しかし、赤松は納得せず、警察からも家宅捜索を受けるが、証拠となるものは出てこなかった。

ホープ自動車からまともな回答を得られない赤松は、自分の手で事故原因を追求し始めた。

赤松は、被害者遺族と警察からは犯人扱いを受ける。そして、会社の経営も行き詰まる。そんな中、赤松の耳にホープ自動車のリコール隠しの話が聞こえてきた。

ホープ自動車の同系列のホープ銀行の井崎の耳にも、リコール隠しの噂が聞こえてくる。そして、ホープ自動車の社内政治で勝ち組になるため、沢田は実名で内部告発に打って出るのであった。

赤松は会社経営が苦しくなる。また、社内政治取引で希望の部署に異動した沢田は、異動先で飼い殺しにあうのであった。

引用:https://eiga.com/movie/86663/gallery/3/

全国の中小運送会社を巡り続けた赤松は、多くの証拠と資料を手に入れ、港北中央署の高幡に突き付ける。また沢田も起死回生の一手として、リコール隠しを最初に告発した品質保証部係長から預かったPCを警察に提出。

この情報を手にした警察はホープ自動車製造部門の中心人物の多くを逮捕するのであった。ホープ自動車は経営難に陥り、ホープ銀行主導の救済合併を受け入れる。

赤松は会社としての信用を取り戻し、慰謝料を求める裁判を取り下げた遺族とはじめて、すべてのことを語り合うことができるようになった。

一年後、事故現場で花を手向ける赤松のもとに、同じく供花を持った沢田が現れた。

スポンサーリンク



映画『空飛ぶタイヤ』公開日と作品情報&予告動画

  • 映画『空飛ぶタイヤ』
  • 公開日:2018年6月15日
  • 出演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼、和田聰宏、木下ほうか、浅利陽介、谷村美月、近藤公園、村杉蝉之介、渡辺大、矢野聖人、田口浩正、斎藤歩、岡山天音、矢島健一、津嘉山正種、毎熊克哉、加藤満、筒井巧、中林大樹、井上肇、小久保丈二、高川裕也、池上紗理依、木下隆行、木本武宏、柄本明、佐々木蔵之介、六角精児、大倉孝二、津田寛治、升毅、笹野高史、岸部一徳
  • 監督:本木克英
  • 脚本:林民夫
  • 原作:池井戸潤「空飛ぶタイヤ」
  • 上映時間:120分
  • 公式サイト:http://soratobu-movie.jp/

映画『空飛ぶタイヤ』のキャスト紹介!

ここでは、映画『空飛ぶタイヤ』の主要なキャストについてご紹介してまいります。

長瀬智也

アイドルグループ「TOKIO」のボーカルで俳優やシンガーソングライターでもあります長瀬さん。有名な映画での出演作としては、『ソウル』、『真夜中の弥次さん喜多さん』『ヘブンズ・ドア』、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』がありますね。

高橋一生

この数年で目覚ましい勢いの高橋一生さん。子供の頃から舞台やCM、声優としても活躍されています。

高橋一生さんに関しては、以下の記事でもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

高橋一生の出演映画おすすめランキング・ベスト5と今後の作品、受賞歴を紹介この記事では、俳優の高橋一生さんについてご紹介しています。高橋一生さんの出演映画のおすすめランキングや、これからの出演作品について解説しています。また、これまでの受賞歴に関してもまとめています。ぜひご覧ください。...

ディーン・フジオカ

2004年から香港を拠点に活動してきているモデルさんだったのが、俳優業もされてきて、NHKの朝の連続テレビ小説で人気を獲得した俳優さんですね。

シンガーソングライターとして、また、映画監督としてもキャリアを歩んでこられている俳優さんです。

深田恭子

1996年に芸能界入りし、1998年のドラマ『神様、もう少しだけ』でHIVに感染した女子高生を演じて大人気になった女優さんですね。

映画では、『下妻物語』、『ヤッターマン』、『ルームメイト』、『超高速!参勤交代』シリーズなどでも活躍されています。

映画『空飛ぶタイヤ』は実話がもとになっている:三菱自動車のリコール事件

ここでは、映画『空飛ぶタイヤ』の実話についてご紹介してまいります。

三菱自動車のリコール事件とは

2000年に三菱自動車内の内部告発によって発覚したリコール事件。

リコールとは、「欠陥製品を、生産者が公表し、製品をいったん回収して無料で修理すること」なのですが、三菱自動車はなんとこの発表を非公開にして約23年間もの間、欠陥製品を社会に送り出していたというものでした。

その後、その欠陥自動車により横浜で事故が発生。

この事故により三菱自動車のトラック部門である「三菱ふそう」のリコールが2004年に再び発覚するのであります。

この時の横浜での事故が、本作品の原作となった池井戸潤先生の「空飛ぶタイヤ」になっています。

映画『空飛ぶタイヤ』の原作者の池井戸潤さんとは?

この事故がもとになって生まれたのが、小説「空飛ぶタイヤ」。

この小説で池井戸潤先生は吉川英治文学新人賞、直木賞候補作にも選ばれていますね(2006年)。

社会派小説とも取られるこの作品で一気に有名になり、その後、「半沢直樹」シリーズや「下町ロケット」、「7つの会議」、「ルーズヴェルト・ゲーム」なども手がけています。

スポンサーリンク



まとめ:映画『空飛ぶタイヤ』のみどころ

いかがでしたでしょうか。

今回は、映画『空飛ぶタイヤ』についてご紹介してまいりました。

みどころとしては、以下ですね。

映画『空飛ぶタイヤ』のみどころ

  • 社会的信用を落として行きながらも奮闘する赤松社長
  • 社内の政治圧力に屈しない沢田の決断と行動力
  • ラストの赤松と沢田の事故現場のシーン

今回は、「映画『空飛ぶタイヤ』のあらすじと結末は?モデルとなった実話の事件やキャスト紹介」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。