洋画

【おすすめ映画:洋画編】2020年6月に公開の注目の映画5選!予告編動画も紹介

どもども、映画好きのジョーです。

この記事では、2020年6月公開の洋画作品で、注目の映画についてご紹介してまいります。

この記事でわかることとしては、以下のポイントです。

この記事でわかること

  • 2020年6月公開の洋画映画で注目作品
  • 2020年6月公開の洋画映画のちょっとした概要

ぜひ、出かける前の参考にしてみてください。

今回は、「【おすすめ映画:洋画編】2020年6月に公開の注目の映画5選!予告編動画も紹介」と題してご紹介してまいります。

それでは、さっそくみていきましょう!

スポンサーリンク

2020年6月に公開の注目の映画5選!洋画編

こちらでは、2020年6月公開の注目映画をご紹介していきます。

映画『ランボー ラスト・ブラッド』:公開日2020年6月12日

いまだベトナム戦争の悪夢にさいなまれる元グリーンベレー、ジョン・ランボー。

1人孤独な戦いを経て、祖国アメリカへと戻ったランボー。

そこで彼は、故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラと共に、“家族”として穏やかな生活を送っていた。

だが、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致される。

関連記事:映画『ランボー ラスト・ブラッド』あらすじネタバレと作品情報・予告動画と主要キャストを紹介!【シルベスタ・スタローン主演】

映画『15年後のラブソング』:公開日2020年6月12日

引用:https://eiga.com/movie/92514/gallery/

イギリスの港町であるサンドクリフ。

そして、アメリカのニュージャージー州の田舎町。

それなりの仕事があり、長年一緒に暮らすパートナーがいる。

周囲から見たら「安定」という言葉がふさわしい生活に、不満が あるわけではない。

しかし・・・。

関連記事:映画『15年後のラブソング』のあらすじネタバレ?と作品情報と予告動画や主要キャストについて紹介します。

スポンサーリンク



映画『コリーニ事件』:公開日2020年6月12日

新米弁護士のカスパー・ライネン。

彼は、ある殺人事件の国選弁護人に任命される。

彼の担当する事件は、30年以上もの間、ドイツで模範的な市民として働いてきた67歳のイタリア人コリーニが経済界の大物実業家をベルリンのホテルで殺したというものだった。

ライネンにとってこれが被告側弁護士として初めて手掛ける大きな事件。

しかし被害者は、少年時代からの恩人だった。。。

関連記事:映画『コリーニ事件』のあらすじネタバレ?主要キャストや作品情報・予告動画を紹介します!

映画『ワンダーウーマン 1984』:公開日2020年6月

“欲望が溢れる狂乱“の時代1984年。

最愛の恋人スティーブを失い、悲しみや孤独と向き合うダイアナ。

彼女の前に現れた、死んだはずのスティーブ。

それは世界の破滅の始まりだった。

「誰よりも幸せになりたいか?私が叶えてみせよう」と大衆を扇動する男の正体は何なのか?

関連記事:映画『ワンダーウーマン 1984』あらすじネタバレは?主要キャストや作品情報・予告動画を紹介します!

映画『ワイルドローズ』:公開日2020年6月

引用:https://www.cinemacafe.net/movies/30294/

(概要)

関連記事:映画『ワイルドローズ』あらすじとネタバレ?と作品情報や予告動画と主要キャストについて紹介します

2020年6月公開の洋画作品まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は2020年6月公開の洋画映画について、ご紹介してきました。

ぜひ、映画館に足を運んでみてください。

今回は、「【おすすめ映画:洋画編】2020年6月に公開の注目の映画5選!予告編動画も紹介」と題してご紹介してまいりました。

それでは、今回はこの辺で。